FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


全国各県のアンテナショップが都内に出来ていますが、長野県小布施町のアンテナショップが在ると知って出掛けました。場所は、赤坂の『室町砂場』の斜向かい。しかも手打ちそばを出しているらしい。

赤坂

店頭に華やかな幟が、風にはためいています。

幟

案内

アンテナショップのイートイン・コーナーでありながら、手打ちのそばを提供するという。
その味わいや如何に?

品書き

この店は、先にレジで注文して空いている席で待つシステム。窓際のカウンター席に陣取り、まずは志賀高原のクラフトビールを。

志賀高原

ラベルに書かれた説明を読めば、このビールの驚くべき素性がわかる。

原材料

ビールの原材料として麦芽とホップは必須。副材料としての米が自然栽培米の美山錦。日本酒好きな方ならすぐに気付くでしょうが、美山錦は日本酒用の酒米なのだ。

蔵元

このビールの醸造元は、日本酒の蔵元のようだ。

店内に目をやると、小布施の名産品の数々が並びます。

栗

野菜

シナノゴールド

新野菜

喉を潤すビールの次には、やはり小布施のワインを。小布施オーディネールシャルドネ 2012。

シャルドネ

シャルドネの若草のような香りが蕎麦にマッチするであろうと。そうこうしている内に、信州名物のくるみそばが来ました。

くるみそば

大抵は、くるみだれとして出されますが、つゆで溶かれない摩り下ろしの状態で供されました。これをつゆで好みの濃さにしていただきます。別に蕎麦猪口も出されているので、もりそばとして味わうことも出来ます。

くるみ

酒の締めや間食・夜食として食べられていた江戸蕎麦とは違って、米に代わる食事としての地方の蕎麦は小山のようなたっぷりの量。

小山

地方の蕎麦ではありますが、ありがちな黒くて太い田舎蕎麦ではなく、細切りで繊細な面持ち。
よく見ると、細切りの蕎麦に細かな星が散り野趣も併せ持ち、艶やかに光を放つ。
(画像をクリックすると拡大されます)

蕎麦

赤湯桶

蕎麦湯は、とろ~りポタージュ系。

蕎麦湯

アンテナショップでありながら、専門店顔負けのクオリティ。これは脱帽物です。
糖質ダイエット中の私ですが、栗菓子で有名な小布施のスイーツは避けて通れません。小布施堂のモンブランを。

モンブラン

モンブランが、まるで蕎麦の様に見える。(笑)

小布施堂

添えられている小菓子は小さなおかきのように見えるが、実はサックリとしたパイ!

パイ

カウンター

レジの下には、スイーツなどが並べられた冷蔵庫が。

店内

蕎麦好きにとっては、これほど楽しいアンテナショップはあるまい。
ご馳走様でした。

営業日

*撮影はお店の許可を得ています。

お店のHP
http://www.akasakaobuse.com/index.php

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1971-ed436b42


Powered by FC2 Blog