FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


前からずっと気になっていたこのお店に初入店。時間帯が早めだったので空いていました。

阿櫻

何ともスタイリッシュな日本酒バルです。

外観

品書きを見ると、驚愕の2千円で地酒各種が飲み放題!
ブラボー!!

リスト

お通しは、南瓜と里芋の煮物。

お通し

さあ、行きますよ。まずは播州龍力の特別純米。ラベルからして力強い。
特別とは何か?
純米酒は米と麹以外の添加物を使用せず、精米歩合は70%以下。特別純米は精米歩合を進めて60%以下という規定。一般的には精米歩合値が低い程、雑味の少ないすっきりとした味わいになると言われています。

龍力

グラス

季節メニューの鰻ざくを頼みました。刻んだオクラがたっぷりと涼やかなジュレが掛けられている。

鰻ざく

次のお酒は、栃木の東力士。

東力士

裏書き

つまみをもう一品。夏らしい、とうもろこしのかき揚げ。

とうもろこし

3番目のお酒は、同じく栃木の鴎樹を。雄町の生酛造り。

鴎樹

裏ラベル

お次は佐賀県の七田。無濾過純米。地元の名水が育んだお酒。

七田

天山酒造

まだ行きます。

金冠黒松の八号酵母2年熟成生酒。日本醸造協会で頒布している八号酵母は、端麗辛口がブームとなった昭和53年(1978年)に販売を中止していたが、平成15年(2003年)頃から少数の蔵元で実用を復活。どっしりとしたボディーが特徴。

黒松

こうして特徴ある地酒をじっくりと飲み比べると、個性や自分の好みが鮮明になって来る。これを繰り返すと、自分が好きな酒米の品種、酵母の違い、好きな製法などが自然と身に着く。これが私の実践的な勉強法だ。これを30年以上。随分と高い授業料になった。(笑)

行燈

お店のHP
http://washubar-agi.com/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1974-72bfe378


Powered by FC2 Blog