FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


イタリアのアブルッツオ州の文化や食の伝統を日本で広めようという趣旨で設立された(社)JAA日本アブルッツオ協会の定例会に参加させていただきました。

会場は六本木ヒルズクラブ51F。素晴らしい眺望。

眺望

DSCF5418.jpg

会に先立って、まずはブリュット(スパークリングワイン)で乾杯。食事を摂りながらのランチミーティングです。

ブリュット

エチケット

石川会長から説明が始まりました。日本アブルッツオ協会の目的と事業の確認から。

目的と事業

本日のテーマについて。

テーマ

最初のテーマは、アブルッツオで開催されたトレイランニング参加のご報告。アブルッツオ州はイタリア中部に位置する山岳地帯で、ローマやミラノなどの都市からは遠く、日本人を含めてアジア人はほとんど見掛けない地域だそうです。

トレイランニング

日本人が参加することで現地の方に日本に興味を持っていただき、文化交流の礎にしたいという思いで参加されたとか。

風景


現地での食事の写真もご紹介。食べ物はとても美味しいそうです。

食事

食事のコーン・スープが配膳されました。ライムを絞っていただく趣向。爽やかです。

スープ

2番目のテーマは、ミラノで開催された食の体験イベント「Japan-Italy 食の和プロジェクト ~FOOD TASTING EXPERIENCE 2015~」。イベントには「アルポルト」の片岡 護氏、「アクアパッツァ」の日高 良実氏、「ポンテベッキオ」の山根 大助氏、ミラノのレストラン「ASOLA」のイタリア人シェフ、マッテオ・トレッタ氏も参加。

食の和

同イベントでは神戸ビーフや蒲鉾などの日本の食材を使ってイタリア風の料理にし立て、日本酒とのマリーアージュを提案。

料理

ボリューミーなクラブハウス・サンドイッチが運ばれて来ました。

サンドイッチ

断面

通常はメニュー外ですが、特別に六本木地ビールも出されました。

地ビール

ここで、参加者のお一人でイタリア食材を直輸入している駒木民雄氏からオリーブオイル、レストランを経営している喜多稔和氏から手作りのお菓子が配られました。

オリーブオイル

お菓子

オリーブオイル

これらをいただきながら自己紹介、石川会長から2月に行かれたアブルッツオ旅行についてのご報告を聞く。

デザートは桃を使ったケーキ。たっぷりと糖質摂取ランチ。

ケーキ


石川会長は、イタリアからヴェネチア室内合奏団を招へいしており、9月から10月に掛けて各地で演奏会を開催予定だ。日本アブルッツオ協会の会員にはピアニストやバイオリニストの方もおられ、協会の運営は文化的事業となっている。

日本アブルッツオ協会
http://www.japan-abruzzo.com/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1980-1f9fef4f


Powered by FC2 Blog