FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


以前は、飯田橋駅が通勤経路だったので度々訪れていましたが、久し振りの訪問になりました。

外観

おっ、新そばの告知。

新そば

季節メニュー。訪れる度に季節毎のメニューが楽しみ。

季節メニュー

この店は地酒のラインナップが充実。熟成酒なども出される。

酒

訪問時は14時近くだったのに満席の賑わい。少し待たされて、テーブル席に案内された。

そば茶

その時々で変わる地酒のメニュー。

地酒

TVドラマ「マッサン」で人気の竹鶴もありますね。私は蕎麦屋酒向きの東北泉を1合。

徳利

少しのんびり昼酒を楽しみたかったので、まずは季節メニューの天然物の舞茸天を。

舞茸天

天つゆと共に粗塩も添えられていて嬉しい。半分を塩で、残り半分を天つゆでいただく。

天ぷらを食べていたらビールが飲みたくなったので、日本酒からのエビスビール。

エビス

店内に蕎麦産地のお知らせが。今は北海道産のようです。

産地

せいろを注文。

せいろ

つゆの色調は濃いめ。出汁の香りが強い。

つゆ

薬味は生わさびとさらし葱。関東では根深の白葱がセオリー。青葱を使うのは関西だ。

薬味

リフトアップ

私好みの程よい太さ。極端な細切りは水切れが悪くなり、腰も弱いので好みではない。

アップ

伝統的な江戸蕎麦であるニ八。繋がりの良さと喉越しの良さを兼ね備えた黄金比率だ。簀子とほぼ同じ切り幅。短い切片はほとんどなし。繋がってこそ蕎麦だ。ボロボロの十割なら、きちんと繋がった立ち食いそばの方がましだ。

麵

丸湯桶

蕎麦湯は、とろりポタージュ系。

蕎麦湯

私が好きなタイプの楊枝。ほんのりと黄色味を帯びた色合いで、刻み目は無い。神は細部に宿る。

楊枝

ご馳走様でした。

行燈


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13091964/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1999-5221d9a7


Powered by FC2 Blog