FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


久し振りにランチタイムの訪問。この辺りには幾つも手打ち蕎麦の店が在って、どこに行くか迷います。
線路沿いの道を練馬方向に歩いて、ほんの少し。青空にポップな看板が映えます。

看板

二村

空いている席に陣取り、まずはビール。好きな銘柄がないが、致し方なし。

生ビール

お通しは大根漬け。
BGMは、この日もモーツァルトのピアノ協奏曲が控えめな音量で流れている。音楽に夢中になると箸運びが止まってしまう。

大根漬け

最近は京都の黒七味を置く店が増えたが、関東では江戸時代から「やげん堀」がお馴染みだ。

やげん堀

ランチタイムにはお得なセットもあるが、私はせいろだけを注文。長方形の蒸篭にたっぷりの量。

蕎麦

蕎麦は細切りだが、硬質で腰が強い。よく咀嚼すると甘味が涌き上がって来る。

蕎麦

薬味は、余分な刺激臭を避けて晒した白葱と生わさび。

白葱

つゆは濃いめ。出汁の香りが強い。

つゆ

日替わりのメニューもあるようだ。夜にゆっくりと寄りたい。

メニュー

良い七味が有る店で試して欲しい。わさびではなく、七味を振って食べる。その香りの素晴らしさ。

七味

湯桶は樹脂製の小さな丸湯桶。最近は木工や漆塗りの職人が減って、昔ながらの朱塗りの湯桶は高根の花になっている。

湯桶

蕎麦湯はセミ・ポタージュ系。

蕎麦湯

ご馳走様でした。今度はゆっくりと・・・。

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132103/13130115/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2012-0e47d1c4


Powered by FC2 Blog