FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


この所、急に寒むさが厳しくなったので、鴨が恋しくなった。洋食の世界ではジビエの季節である。
蕎麦界で鴨と言えば浅草の並木藪蕎麦が有名だが、この店もそれに劣るとも優らない鴨を出す。しかも蕎麦は秀逸な手打ちだ。

まつや

ピーク時を外して昼下がりの訪問。それでも店頭には10人ほどの行列。普段は行列嫌いの私ですが、この日は覚悟しての訪問。年越しそばの時期は勿論、12月に入ると蕎麦屋さんはどこも慌ただしくなる。

冷えた身体を、まずは熱燗で温める。

熱燗

老舗のこの店は喫煙可であり、窓を少し開けたりサーキュレーターを置いたりと気配りも忘れないが、最近では店内で煙草を吸う客を見掛けない。

良い店は、客の気持ちが揃うものだ。

排煙

まずは焼鳥をタレで、そして小田巻きむしを注文。普段は塩で頼むことが多い焼き鳥だが、蕎麦つゆを絡めたタレ焼きが良い。串焼きではなく、バラで辛子を付けて味わう。

焼き鳥

日本酒が空いてビールを注文。最近の私は糖質ダイエットに加えてグルテンフリー食も加えて小麦粉をカット。ビールも控えていましたが、この店に来たら赤星を頼まずにはいられない。

赤星

そうこうする内に小田巻きむしが来ました。

小田巻きむし

丼のような大きな茶碗蒸しnしたには、少量のうどんが潜んでいる不思議な料理。

丼

うどん

さて、本命の蕎麦は温かい鴨南ばんをチョイス。旬の素材だ。つみれも入っているのが嬉しい。

鴨南

鴨は臭みがない。蕎麦は崩れぬ内にささっと食べる。

蕎麦

この店では繋ぎに鶏卵を使う。恐らくは卵に水を加えた卵水であろう。卵好きの私には好適。

鶏卵

ご馳走様でした。他の客も美味しさで顔がほころんでいる。美味しい食は人を笑顔にしますね。

冬至の「ゆずきり」の告知が出ていました。逃すまじ。

ゆずきり

お店のHP
http://www.kanda-matsuya.jp/p01.htm


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2029-cfb55d3b


Powered by FC2 Blog