FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


毎年恒例のイベントに参加させていただくことが出来ました。今年で9回目を数えます。このイベントが始まった頃は、まだまだ日本ワインに対する評価は厳しく、一般的にも知られていませんでした。

かつては食用葡萄をワインに流用したりして、日本のワインは締りがなくて甘ったるいというのが全般的な評価でした。食用の葡萄は甘みが強くてジューシーな物が好まれます。これをワインの原料として用いると、そのワインは前述のような結果になります。

現在の日本ワインブームの火付け役として早い時期から活動してきたのが、ここ『ボングー・ノウ』 の女将こと岩倉久恵さんでした。

女将

今回は、全国から8つのワイナリーが集まりました。

ワイナリー

北海道余市 ドメイヌ・タカヒコ
山形県上山市 タケダワイナリー
山形県南陽市 酒井ワイナリー
栃木県足利市 ココ・ファーム・ワイナリー
山梨県甲州市 丸藤葡萄酒工業
山梨県山梨市 四恩醸造
山梨県甲州市 ペイザナ農業組合法人
各ワイナリーの紹介とご挨拶の後、いよいよテイスティング開始!

最初に山形のタケダワイナリーのサンスフル白発泡2015.合わせる料理は青い香りの温かいお吸い物、納豆クルトン添え。

お吸い物

次は酒井ワイナリーのバーダーップ2015。料理はスモークサーモンとパーサニップのテリーヌ白味噌風味。

テリーヌ

3番目は、カリカリのバルサミコを纏わせたゴボウのフリット。ペイザナ中原ワイナリーのBOW!白2014と共に。

ゴボウ

次は北海道の農樂蔵。ノラルージュ2014。貝とアボカド・林檎のタルタルのロールレタス。梅醤添え。

ロールレタス

5番目は四恩醸造のローズ橙2015。料理は牡蠣のポワレ。

牡蠣

次はペイザナ中原ワイナリーの仙馬2012に真鱈とあん肝シヴェ仕立て。

シヴェ

途中、各ワイナリーの方のご挨拶。写真は、ココ・ファーム・ワイナリー。

ココファーム

お次は北海道余市のドメーヌ・タカヒコ。ピノ・ノワールを作りたくてこの余市という土地を選んだ人。料理は、鴨のフォアグラと仏ファロ社のマスタードで紙に包まれた辛子蓮根。

辛子蓮根

ピノ・ノワール

続いてココ・ファームのプティ・マンサン2014に豆腐のムニエル海老と柑橘風味。

豆腐

料理とワインが次々に運ばれて来ます。この日用意されたワインは16種類。ボトル1本分近くを飲む計算になります。

串

胡桃といシジミのパテとエゴマのベニエの牛巻き。四恩醸造の仄々と共に。

牛巻き

真っ黒な物は玉葱のコンフィ。シャンピニオンとデュクセルのバター、パン粉のグラティネ。

玉葱

酒井

赤身肉が出ました。鴨ロースのいぶりがっこロテイ、大根お鮎醤で。ワインは酒井ワイナリーの鳥上坂2014。

ロティ

タルトタタン

山葡萄と小豆のボンボン。口の中ではじけます。合わせるワインは、ココ・ファームの第一楽章。

ボンボン

第一楽章

コンテチーズのクッキーサンド。

クッキー

ご馳走様でした。記念の冊子とTシャツをいただきました。

猿

ありがとうございました。お店とワイナリーの方に感謝。
私たちが口にするワインの美味しさは、ワイナリーの方の日々の作業の上に成り立っていることを忘れてはなるまい。

お店のHP
http://www.bongout-noh.com/noh/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2051-89b1592b


Powered by FC2 Blog