FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


近江家の創業は1899年(明治32年)という老舗。初代が浅草で修行した後、青山で開業。現在の新大久保(百人町)に移ったのは1916年(大正5年)。移転してから今年で丁度100年になる。

老舗というと古臭いイメージがあるかも知れませんが、一昨年にリニューアルして白木を基調とした明るくスタイリッシュな雰囲気に変身。更に居心地の良い空間に変身した。

外観

看板

大きなテーブル席に案内される。通路が狭いレイアウト。

案内

店のこだわり。

こだわり

そば茶のようだ。

そば茶

まずは熱燗を注文。黒田節の歌詞が書かれている。

徳利

お通しは、ねっとりとしたそば味噌。

そば味噌

つまみは何にするか?今回は焼き鳥をタレで注文。極太の白葱が素晴らしい。タレはあっさりで食べやすい。

焼き鳥

頼んだ蕎麦は、あさり南蛮そば。この時期は、季節メニューとしてかき南蛮もあるが、品書きにバター入りとのユニークな記載があったのでこれを注文。蕎麦屋では、葱を使ったものを南蛮と称する。恐らくは昔に来日した南蛮渡来人が西洋料理には欠かせない玉葱の代わりに長葱を使ったのではないか?

全景

スープは、そば屋としては珍しいバター入り。細切りの江戸そば。

蕎麦

あさり

つゆ

ご馳走様でした。

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13048365/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2054-1eef9390


Powered by FC2 Blog