FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


先月、キユピー本社の一階に素敵なダイニングそばの店がオープンしたと知って訪問しました。

キユピー本社

エントランス

店名の読みは「リヤン」ではなく、「らいあん」です。

雷庵

ランチタイムに訪問。奥のカウンターに案内されました。厨房は、ライブ感が望めるフル・オープニングキッチン。

キッチン

カウンターの奥に打ち場が見える。このロケーションで、ダイニング系ながら手打ちなのだ。

打ち場

ランチメニューの「Cedar シダー」1,300円を注文。
・蕎麦前いろいろ
・お好みのお蕎麦
・ひとくち最中

アルコールのメニューを見てびっくり!日本酒や焼酎は勿論のこと、ワインも数多く取り揃えられています。蕎麦屋さんでワインは先進的。その中から、お馴染みのルバイヤートのシュール・リーを。

甲州

箸は蕎麦に合わせた先端の細い物。太い割りばしなんぞを出されては興ざめだ。

箸

前菜が運ばれる。

前菜

これはアボカドのジュレ掛け。う~ん、美味しい!

ジュレ

稚鮎の唐揚げもあり、甲州ワインの微かな苦みとマッチする。
つまんでいる間にワインが無くなったので追加。輸入物のソーヴィニヨン・ブラン。

ソーヴィニヨン・ブラン

草っぽい香りが蕎麦に合う。

声掛けで蕎麦をお願いする。照明の関係で暗く映っているが、つゆは明るめの色調だ。

つゆ

薬味の葱はスライスしただけの円盤状ではなく、リングがほぐされて余分な刺激臭が発散されている。これは、きちんと伝統ある店で蕎麦打ちを習得された料理人の成せる技だ。

葱

程なく蕎麦が来た。

せいろ

蕎麦は細切り。香り豊かで硬質だが、繋がり具合は今一つ。

アップ

蕎麦湯は、洋風なカップで提供。窯湯でも蕎麦粉を溶いた別製でもなく、保温プレートに乗せられた鍋から。

蕎麦湯

デザートには、クリームチーズ入りの一口最中。

最中

何ともスタイリッシュで素敵な空間。ダイニング系の蕎麦屋さんとしては抜きん出た存在のようだ。

お店のHP
http://rising-tokyo.jp/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2100-64f20b8e


Powered by FC2 Blog