FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


2015年8月の開店。以来、何度か訪問済み。
今回はゴールデンウィーク中ということで営業しているか不安でしたが、幸いに休店日ではありませんでした。

場所は駅から至近のマンションの1階。商店街から外れているため、静かな環境です。同じビルに在るお隣の店はビストロ。

外観2

ランチメニューは、せいろと日替わりの炊き込みご飯。

ランチ

他の客は皆ランチメニューを頼んでいるが、私は糖質制限中なので、ご飯物は必要としない。それに蕎麦前をいただきたい。

この店では、ワインの用意もある。グラスの他、ボトルで2,500円前後とお手頃価格。グラスで白ワインのシャルドネと焼き鳥を注文。ワインに合わせて塩で頼もうかとも思ったが、焼き鳥屋と違って蕎麦の返しをタレに使った物ば蕎麦屋らしくて悪くない。

シャルドネ

お通しは、袋入りのミックスナッツ。昔はミックスナッツを出す店は結構あったが、最近では珍しい。

ミックスナッツ

店構えが洋風なら、スタッフのユニフォームもビストロのような黒い洋装だ。BGMは古い洋楽。訪問時は懐かしいアバの曲が流れていた。

薬味入れ

焼き鳥が来ました。蕎麦屋の焼き鳥は串焼きではない。

焼き鳥

ワインのグラスが空いたので、日本酒「南部美人」を追加。

日本酒

蕎麦は、せいろを注文。

せいろ

薬味の葱は、白い部分のみを使用。輪切りにしただけの円盤ではなく、しっかりとほぐされて余分な刺激臭を発散している。関東の蕎麦屋らしい。葱を見ただけで、どういう店かわかる。青葱やわけぎを使っていれば関西系の場合が多い。

白葱

蕎麦は適度な細切りで、しっかりとした腰。壁に産地が貼り出されていて、この日は福井県山室町の在来種だそうだ。香りは仄かだが、よく租借するとじわっと甘味が広がる。

蕎麦

蕎麦湯は釜湯ではなく、80度に設定されたスープ用の保温ストッカーで用意。湯桶ではなく、陶器製の片口で提供。

片口

蕎麦湯

スノコは正しい向きに置かれている。糸目が横に置かれると、箸の先が引っ掛かる。道具の形や使い方には必ず理由がある。

簀の子

暖簾

ご馳走様でした。

お休み

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13185886/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2105-31ec0470


Powered by FC2 Blog