FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


2013年の開店。お茶の水「ワテラス」の3Fにあります。日本酒を数多く取り揃えているので、昼酒を目当てに初訪問しました。
お店の公式サイトには「日本酒バル」と書かれていて、「そんなこだわりの蕎麦を豊富なラインナップのお酒と共に存分にお愉しみください」と紹介文がある。

期待感が高まるじゃあ、ありませんか。

お盆と正月の都内は、帰省や旅行に出掛ける人が多いので空いています。このビルにも人影は、まばら。
店内に入ると客席はガラガラなのに、狭いカウンター席に案内されました。

カウンター

蕎麦屋なのにインテリアは洋風で、天井からはシャンデリアで飾られ、BGMはうるさい洋楽が流れています。
嫌な予感。

シャンデリア

冷蔵庫には、地酒の瓶が並んでいるのが見えます。

酒瓶

ランチメニューは丼物とのセット主体。お酒は載っていないので、飲み物のメニューをオーダー。つまみは何があるのかと尋ねると、昼は用意していないという。そのお答えに思わず絶句!
暫くして、「セロリのキンピラならあります」と。

数十種類はあろうかという日本酒のメニューから好みの酒を選ぶと、「切らしています」。
ゲッツー!
仕方なく、見えている酒瓶の酒とセロリのキンピラを頼む。

伯楽星

錫製の酒器は素敵だし、セロリのキンピラもこれは、結構。

キンピラ

蕎麦は悩んだ末に、「梅じそ」を。出てきたのは、まさかの豆腐入り。

梅じそ

冷やしぶっかけスタイルだが、蕎麦が生ぬるい。

蕎麦

食べている途中で湯桶がだされた。

湯桶

この皿で、蕎麦湯を飲めと?

皿

仕方なく蕎麦猪口をお借りする。

蕎麦湯

平日のランチタイムなら近隣のサラリーマン客が多く、腹を満たせるボリュウムたっぷりなメニューがあれば良いだろう。
しかし、休日は全く別だ。しかもこれだけ日本酒を種類豊富に取り揃えているお店だ。折角の集客ツールを昼間は全く使わないという経営戦略が、私には理解できない。
これじゃあ、只の食堂でしかない。

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13154746/


公式サイト
http://www.sobanagi.com/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2133-a209ce36


Powered by FC2 Blog