FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


『玄そば 野中』

久々の訪問です。今や行列のできる超人気店になってしまったので足が遠のいていましたが、私は練馬区のPRサポーターに登録させていただいたこともあり、区内のこのお店に伺いました。

営業中

暖簾

12時前にお店に到着したのですが、やはり店頭に数人の行列。順番の表に名前と人数を書いて待ちます。まるで人気ラーメン店のような有様で、少しげんなり。

石臼

暖簾の前に見える製粉室には電動の石臼。自家製粉の手打ちのお店です。以前は蕎麦の産地が掲示されていましtが、今回は見当たらず。夜のラストオーダーが19:30になっている。これでは、休日に伺うしか仕方ない。

暫し待って席に案内される。出されたのは蕎麦茶ではなく、小豆茶?そうだったけな。過去の記憶が曖昧だ。

小豆茶

まずはビールを注文。お通しは梅水晶。

ビール

恐らくは天ぷら用だろう、「雪塩」のボトルが卓上に置かれている。

雪塩

つまみとして、小海老のかき揚げを注文。お見事な立体的な造形。

かき揚げ

途中でビールが空いて、「四季桜」を燗で注文。

燗酒

揚げ物を食べたので、蕎麦はシンプルにせいろを注文。関東らしからぬ青ネギが薬味に使われている。

せいろ全景

蕎麦

蕎麦は、ほのかに碧く、香り豊かでシャープなエッジ感があり、極めて腰が強い。限定の田舎蕎麦は残念ながら売り切れ。

アップ

そば湯は可愛らしいティーポットのような容器で登場。

湯桶

そば湯

ご馳走様でした。

食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13002725/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2151-c14df3ce


Powered by FC2 Blog