FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


「ミシュラン2017東京」が発刊されましたが、蕎麦のジャンルでビブグルマンに掲載されている、こちらのお店を訪問しました。開店当初からお世話になっていますが、最近は近くにも新しい蕎麦屋さんが複数できたこともあり、暫く振りになりました。

外観

「蕎麦に銘酒」

暖簾

店内には、本日の蕎麦産地が書かれています。

黒板

お茶は、そば茶です。箸置きを出してくれるのが嬉しいですね。手元にお皿がないと、箸袋だけでは困ります。

そば茶

店内は落ち着いた雰囲気です。

内観

暫くご無沙汰している間に、メニューがだいぶ増えたようです。品書き帖は、1冊ずつ表装の柄が違います。ステキな柄ばかり。

お酒は何を頼もうか?以前あった「金子ゴールデンビール」は入荷が不安定で、取り扱いを中止したそうです。
最初から日本酒を飲むことにして、蕎麦屋の定番「四季桜」を1合注文。品書きには5勺単位で価格表示がありますが、1合での注文もできます。

徳利

つまみは、季節メニューの中から「寄せ豆腐」(中)を選びました。

寄せ豆腐

3種類のお塩付き。塩好きにはたまりません。それぞれ産地が異なり、広島・佐賀・高知だそうです。
一番左の塩は、明らかにピンク色掛かっています。

続いて、「そばの実のお浸し」を注文。

そばの実

徳利が空いて、四季桜の熟成「黄ぶな」を注文。お酒にほんのりと色付いています。

黄ぶな

さて、主役の蕎麦をいただきます。そろそろ鴨も美味しくなる季節ですが、種物はぐっと抑えて、2種類の食べ比べができる「利き蕎麦」をお願いしました。

福井丸岡ともう1枚はおまかせで。

丸岡

さすがは新そばらしく、青々としている。

アップ

いつもながらの細切り。風味が素晴らしい。

2枚目は全く表情が違う田舎風。粗挽きで激しく星が飛び散っています。

2枚目

何とも荒々しい野趣を感じますね。

野性的


湯桶

蕎麦湯は、トロ~リ濃厚なポタージュ系。

蕎麦湯

お酒もつまみも2種類づついただいて、蕎麦も2種類と堪能させていただいて、お会計は5千円弱でした。まさにビブグルマンの条件にピッタリです。

ご馳走様でした。

お店の公式サイト
http://www.soba-noae.jp/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2157-4b2e51f9


Powered by FC2 Blog