FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


毎年恒例となった冬至の「ゆずきり」。ゆずを練り込んだ変わりそばです。変わりそばというのは、真っ白な蕎麦粉を扱う「更科」のお家芸であって、更科系統ではなく、普段は変わりを出していないお店だからこそ、それは希少な機会であり、客としてはそれが嬉しい。

毎年、ここのゆずきりを食べないと年が越せない気がする。

IMG_0294_2016122222165859e.jpg

幸いに夜は雨の予報が外れ、しかも異常なほどに温かい。おれなら多少の時間なら並んでも苦になるまい。恐る恐る店の前まで行くと、10人ほどの列。これぐらいなら、さほど待たずに入れよう。来週になれば、30、50人という長蛇の列が出来る。


冬場は、熱燗と小田巻きむしが私の定番だが、閉店時刻まで1時間を切っていることもあり、焼き鳥をたれで注文。居酒屋では塩で頼むが、蕎麦屋は別だ。蕎麦に使う返しを鮮度の良い鶏肉に絡める。焼鳥屋の濃厚なタレとは違い、アッサリといただける。辛子とレモンの風味で味わうのがこのお店流。お好みで七味や山椒でどうぞ。

焼き鳥

閉店時間を気にしながら赤星とぬる燗をいただき、慌ただしく目的の「ゆずきり」を注文。

ゆずきり

どうです、このお見事な色は!香りも強く漂います。

アップ

今回は友人と一緒に訪問したので、もう一つの季節メニューを注文。
「すだちの温かけ」

ゆずとすだちは同じ柑橘類。その違いやいかに?

蓋

蓋付きのこんなスタイルで登場。伝統ある蕎麦屋さんでは、もみ海苔を散らした「花巻そば」の香りを逃がさないために使います。蓋を開けるのがドキドキします。

蓋

すだちそばは、近年夏場の冷やがけとして人気ですが、温かい蕎麦の方が一段と香りが立ち上がります。

すだち

蕎麦湯もいただいて、短時間でしたが楽しませていただきました。

湯桶

ゆずきりは、明日23日(祝)までの期間限定メニューです。

神田まつや本店 公式サイト
http://www.kanda-matsuya.jp/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2162-1167719e


Powered by FC2 Blog