FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


西武池袋線の桜台駅前に一風変わった蕎麦屋さんがあります。
立ち食いのお店かと思うようなカウンター中心の狭いお店ですが、椅子はあります。以前は千川通りに面した角地に40年近くも営業していた「三芳野そば」が、2008年に移転。移転してから、もう10年近くが経んですね。

外観

お江戸以来、蕎麦屋さんは飯屋ではなく酒を飲む場所です。蕎麦は、その締めに。「蕎麦前」が楽しい。

一献

とは言え、江戸時代の蕎麦屋さんが見たら腰を抜かしそうなメニューも。それでも蕎麦屋ならではの味。味噌汁付きがふるってます。牛丼の「松屋」の1号店も近いしね。(笑)

カレー

小体なお店ながらメニューは豊富。カウンター席の上には、ずらりと品書きが並びます。

品札

とりあえずお酒を燗で注文すると、いつものように小さな薬缶で直炊き。何か良い雰囲気でしょ。

薬缶

つまみに葱煮。これは他店にはない逸品です。作り置きの冷製ではなく、目の前で熱々を。

葱

追加で地酒を注文したら、最近流行のワイングラスで供されました。お店の雰囲気とのギャップに心の中でニンマリ。

ワイングラス

さて、蕎麦は何を選ぶか?おやっ、新メニューとして「あつもり」があるじゃあありませんか。言わば釜揚げですね。こんなスタイルの蕎麦を出す店は今は極めて少ない。蒸篭で熱い蒸し蕎麦を出す店が以前はあったが今は昔。

このお店は、手捏ねの生地を押し出し式のマシンで生成する。私は手打ち至上主義者ではないので、観念的なプロセスよりも結果を重んじる。伝統的な手法は大切だが、繋がってこそ蕎麦だと思う。手打ちだ十割だと言ってもバラバラに千切れた蕎麦などご免被る。客にとっては結果が全て。

押し出し式

手振り

薬味に生玉子付き。いや~、これはウキウキ!

生玉子

来ました、あつもりが。湯気のたつ丼盛りの蕎麦。香り立つ。

あつもり

溶き玉子

蕎麦

溶き卵に蕎麦つゆを加えてあつもりを絡めていただく悦楽。これは、他店では味わえない天国です。すっかり骨抜き状態えす。

蕎麦湯

ご馳走様でした。

食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13119193/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2186-e6be2af3


Powered by FC2 Blog