FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


この日はどうしてもを食べたくなりました。「並木の薮」は11月にならないとを出さないし、この日は「神田まつや」は休業日。を扱う店は立ち食いの店でも数多あるが、どこでも良いというわけではない。選択肢は限られる。

というわけで、馴染みのこちらのお店へ。

置き看板

週末は特に行列が必至。恐る恐る店横を見ると、やはり沢山の人が行列。ところがすぐにスルスルとお店の中に移動してして行く。丁度、開店時刻だったのです。私も最初の回で入店できました。

新そば

カウンター席に案内されて、ふと目を上げると「新そば」のお知らせが。このお店では、北海道江丹別産の蕎麦を使用。

お酒

まずはお酒。肌寒くなって来たので今回は、ぬる燗で注文。お馴染みの蕎麦味噌付きだ。

土瓶蒸し

つまみには、ちょっと贅沢に季節メニューの松茸の土瓶蒸し。この料理を最初に考案した人は天才だと思う。松茸の食感と香りを余すことなく堪能できます。

鴨せいろ

この日は、どうしても食べたくなったせいろを。

せいろ

端正な手打ち蕎麦。粗挽きや田舎蕎麦を好む方もいらっしゃいますが、私は蕎麦を繋ぐ邪魔になる「異物」である蕎麦殻を挽き込むのは理に反していると思う。製粉の技を追求した江戸蕎麦が好みだ。

鴨肉

ジューシーな肉。丁度ひと口で食べやすい大きさにカットされている。大きな肉片は見た目に迫力があるが、「かじる」ことになるので、マナーとしてはあまりよろしくない。

蕎麦猪口

料理と一緒に蕎麦猪口が出される。これは残ったゆを好みの量で蕎麦湯を味わうための配慮だ。

薬缶

このお店独自の小さな薬缶タイプの湯桶。このお店では、何を食べても私の意に反するものはない。
ご馳走様でした。

食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003594/

スポンサーサイト



トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/2426-1206f16a


Powered by FC2 Blog