FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


山崎製麺所

山崎製麺所不思議な店名ですね。
製麺所と言いながら、ちゃんとした店構えで、しかも建物の入り口を挟んで左右にお店が分かれています。
1・2号店だそうです。

信州蕎麦のお店で、安曇野産の蕎麦の他、「幻の奈川そば」と大層なネーミングの長野県奈川村産の希少な蕎麦を出しています。

伺った時には両店共扉を開け放ち、完全にオープンエア状態。風薫る頃ならともかく、この時期は湿度が高く、虫や埃の懸念もあって、私的にはちょっと引いてしまいます。
まあ、折角来たのだからと気を取り直して、奥の広めのお店の方に陣取る。
お店は内外共民芸調だが、BGMは何故かフレンチ・ポップスが流れており、足元には蚊取り線香が焚かれている。

夜の営業は多分に居酒屋的。つまみが20種類ほど用意されており、300円から1,500円の霜降りの馬刺しまでバラエティ豊か。
肝心の蕎麦は、普通のざるが490円とリーズナブルなのに対して、かの「幻の奈川そば」は、950円と2倍近い価格差があります。
値段が2倍なら旨さも2倍かというと、大抵はさにあらず。
車なら100万円の2倍の200万円出したからと言って、いきなり最高速が2倍になるわけでなし、オーディオで言えば、2倍の値段の値段のスピーカーを買ったからと言って、クオリティが2倍良くなるわけではありません。
実質的には対数的にしかアップしない。でも期待感は高まります。

「幻の奈川そば」を頼みました。
薬味はなく、代わりにわさび菜の漬物が付いています。あちこちに貼り紙があり、「そばとわさび菜を一緒につまんで食べるのがお勧めです」と書いてある。増々もって不可思議だ。
蕎麦は見た目半透明で長さが不揃い。つゆはかなり甘い。確かに塩辛いわさび菜を蕎麦と一緒につゆに浸すと甘さが緩和される。
不思議な食べ方だ。
テーブルには原了郭のお馴染みの黒七味と粉山椒、それに一味の三種が並んでいる。私はつゆに一味を入れて苦手な甘さを抑える。
蕎麦湯が出ましたが、つゆはやはり甘くて飲めませんでした。

「山崎製麺所」
スポンサーサイト



コメント

なるほど。
寛容に僕の意見をきいてくださったことを感謝いたします。

泡さん、人それぞれ求めるものや考え方は様々ですね。

私が蕎麦の水切れにこだわるのは、往々にして蕎麦の出来と密接に関係しているからです。
近年、荒挽きとか十割がブームになっていますが、これは繋げるのが難しく、千切れた蕎麦を出されることもしばしばです。
蕎麦の出来が悪く、水を切ろうにも触るとボロボロになる。
だから結果として水っぽい蕎麦になる。
食べ手としては好みもあるでしょうが、私が問題にしているのは昨今の軽々しいブームそのものに対してのことです。
私としては長く繋がってこそ蕎麦。ボロボロの手打ちなんぞ食べるなら、機械打ちの立ち食いの方がましです。
スノコの件も、実用性よりも蕎麦屋のあるべき姿に対する警鐘のつもりです。

何かと煩いことを言うと思われるかもしれませんが、蕎麦を、蕎麦屋を愛するが故の危惧に他なりません。

奈川産の蕎麦、むかし食べたことがあります。
長野県は信濃一号が主流。奈川は信濃を地粉にしたような味わい。
って、わかったようなことを言ってみたり。

しゅうちゃん、最近好きな蕎麦屋にあたりませんね。
蕎麦屋も多様化してきて『幻』とか『吟醸』とか冠をつけたりとってつけたような個性が鼻につきます。

でも、お店って一回いっただけでは僕は理解できません。最初は悪いところばかり目についても、純粋に楽しもうとすれば、好きなところも出てくる場合もあります。
僕がよく行くラーメンやさんは研究厨房と称してるだけあってほぼ毎回味や出し方が異なります。
店主はニコニコしながら『今日は〇〇にしてみた』といってお客の意見を求めます。
このお店に限らず、職人は日々向上心をもって前向きに努力しています。

宮下裕史氏の本にこんな文があります。『職人は食べ手が思いも知らぬとこまで進化を遂げている』
『そして理解力のない食べ手は往々にして味が落ちただの簡素な答えをだす』

ちょっと違ってるかもしれませんが、確かこんな内容でした。
美味しいものを食べるより、美味しくものをたべたい山本マスヒロ式。そのほうが僕にとってのしゅうちゃんのブログです。

ま、勝手なハナシではありますが。

それと、僕は水切りを完全にした蕎麦はあまり好みではありません。
水切りを完全にすると、香りはたちますが、すするときのなめらかさにかけますし、喉につかえてしまいます。とっぷり浸けて食べれる山の手の汁なら大丈夫ですが、最近は濃いめの辛汁の方が主流みたい。
スノコの向きもきっとパートのおばちゃんがたまたま二回連続で間違えちゃったんですよ、きっとね。

それに、気になったのであるお店に伺ったときにスノコの角度をかえて食べてみたのですが、特に支障はなかったですよ。それどころが、何箸か食べたあとの残り一口分を手前に寄せて箸でつかむ際に非常にやりやすかったです。むしろ、いつもの常識的なスノコの向きより食べやすかったりして新しい発見でした。
でも横向きでもスッと手繰るほうがかっこいいってのもありますよね。

いつもながら長文で失礼しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/25-4ab2bb76


Powered by FC2 Blog