FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


暫く振りに練馬区の「玄蕎麦野中」訪問。知らぬ間に限定の田舎そばが、蟻巣なるものに変わっていました。これは、蟻の巣のように多孔穴の特殊な石で挽いた蕎麦だという。熱を持ちにくいのでより良い状態で挽けるのだそうだ。
限定10食で、火木土は「淡い緑の十割粗挽きそば」、水金日は「蟻巣田舎そば」を出しています。

店構え玄蕎麦
今日はどうしても普通のせいろと田舎の両方を一度に食べ比べてみたかたので、つまみは取らずにまずは魚介天せいろをお願いしました。
普通のせいろであるこちらの蕎麦がほんのり緑掛っているように思います。たおやかな細切り。角もしっかりと立っています。

魚介天せいろせいろのアップ


さあ、これが蟻巣の田舎そばです。せいろよりやや太めか? 派手に星が散っています。こちらの方が香りが強く、腰も更にしっかり。意外にも歯ぬかり感がありません。噛めば噛むほど複雑な味わいが湧き上がって来ます。この時期にこれだけの風味を引き出す技は見事です。これが現代の田舎そば。黒くて太い地方の田舎そばとは違う、私が言うところの「都会的な田舎そば」です。

蟻巣の田舎そば田舎のアップ

いつも挑戦的なご主人の技。惜しむらくはフロアーのサービスが同じレベルに達していないこと。
今日も食べ終えていないのに下げようとしたり、1枚目のつゆがたっぷりと残っているのに、事務的にお盆毎取り換えようとしたり。飲食店トータルとして見るとまだまだ改善の余地があります。


玄蕎麦野中
「玄蕎麦野中」

東京都練馬区中村2-5-11 
tel.03-3577-6767

11:00~14:30、17:00~20:00  

月曜・第3火曜定休
(祝祭日は営業)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/650-5d2c7fc6


Powered by FC2 Blog