FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


布恒更科

久し振りに大森の「布恒更科」へ。お店は依然と変わらぬ佇まい。マンションやビルに囲まれながら、木造の一軒家は昭和の雰囲気そのままです。

布恒

ハゼ祝日は昼だけの営業です。訪問時、幸い店外に行列はなし。
暖簾をくぐり、まずはビール。アサヒのプレミアムでした。
肴にハゼの天種を注文。他にメゴチもあり、立体的で芸術品とも言えるかき揚げもある。
天もりにすればお得感はあるが、天つゆは出されず、飛び切り辛口な蕎麦つゆに天麩羅をつけねばならない。塩も用意はない。つゆが油っぽくなるのも好きではない。


お酒に切り替えようと思っていたが、混み合って来て空き待ちの客がいるので、早めに蕎麦を註文。少し迷った末に季節の変わり蕎麦から「菊花切り」を注文。

菊切り

予想以上に黄色が鮮やかな蕎麦。それを見た若い客が「何だありゃあ~!ありえね~」。
ラーメンやカレー風味ではありませんよ。秋の黄色い菊花を練り込んだ蕎麦です。
菊花と言えば恐れ多くも天皇家の象徴ですが、皇太子家は本日、皇居で粟の収穫をされたという報道がありました。
いつもながら、このお店は手打ちでありながら他店の2、3倍はあろうかという盛りの多さ。相席になった客が大盛りを頼んだのには驚きました。酒の後の締めとしては、この半量でも十分です。

お洒落とか流行とかには無縁なお店ですが、伝統的な蕎麦屋のスタイルを勉強するには最適です。古いばかりでなく、最近はアボカドやバルサミコなども料理に取り入れています。
昭和情緒を味わうなら今のうちです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/672-983b2210


Powered by FC2 Blog