FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


久し振りに六本木飯倉交差点近くの「朋樹庵」を訪問しました。

朋樹庵

六本木のビルの2階という蕎麦屋さんとしては珍しいロケーション。駅前からは少し歩くので、静かな佇まいが好きです。

自然薯

このお店ご自慢の「自然薯とろろもりそば」(1,200円)をいただきました。
自然薯とは野山に自生している野生の山芋です。栽培物の一般的なとろろ芋に比べて、とても粘りが強く、味と香りに優れます。自生物だけに採取には手間が掛り希少な物です。

このお店の蕎麦についても説明が必要でしょう。もりそばは色がやや黒っぽく、ざるそばは色が白い更科そばです。海苔が掛っているかどうかの違いではありません。だからもりそばも海苔掛けです。
蕎麦は昔ながらの江戸蕎麦風。細切りで繋がりが良く、つるつると喉越しの良さを第一としています。
粗挽きや田舎蕎麦を出すお店が多くなった昨今では少数派かもしれません。

店内のレイアウトはゆったりとした落ち着いた空間にどっしりとした木のテーブル席と小上がりの卓が幾つかあります。とても六本木とは思えない静かな安らぎを感じます。
ざわついたお店は苦手という方にお勧めです。


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/716-de6282e1


Powered by FC2 Blog