FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


まるやま

私にとって代田橋は、通っていた学校の最寄り駅で懐かしい場所。近くには私が贔屓にしている「冬林」(残念ながら休業中)、環七を方南町方向に行けばラーメンの「地雷源」がある。そんなことで卒業後も何度となくこの近辺は歩いている。
以前から在った蕎麦屋さんが「長寿庵」。都内だけでも300店以上がこの屋号を掲げているという一大暖簾である。だから敢えてこのお店の暖簾をくぐろうという気にはなりませんでした。
しかし、このお店が昨年リニューアルし、「手打蕎麦 まるやま」とう看板を掲げました。長寿庵で手打ち蕎麦、しかも店頭に大きく「あなご天せいろ」と大きく書かれた看板も・・・。

店内は、カウンターなしのテーブル席のみで落ち着いた雰囲気。まずはお酒は何があるかとメニューを見ると、各種地酒と季節のお酒とかなり力入ったラインナップです。

季節のお酒地酒

お通しお通し

私が選んだのは好きな「四季桜」。桜の季節にぴったりです。出て来たお通しは、貝と菜の花の辛し味噌和え。これだけで立派な肴の一品になりますが、他店のように無料の揚げ蕎麦などと違い、150円也と書かれています。嬉しくはありませんが、まあ値段以上の内容なので良しとしましょう。


お酒焼き味噌

酒器は写真のように可愛らしいもの。焼き味噌は大きめのしゃもじにたっぷり。蕎麦の実がぎっしりと入っています。香ばしい。

二色盛り蕎麦は「二色盛りせいろ」を。細切りのせいろと太打ちの田舎の二種。
店の看板には江戸蕎麦の文字も書かれていますが、私がイメージする伝統的な二八蕎麦とは違い、最近の手打ち蕎麦屋さん多く見られる石臼挽き自家製粉で粗挽きのようです。
食感は、麺が水を含んだような柔らかな感じ。微細に挽いた粉をしっかりと打つと緻密で硬質な蕎麦に仕上がりますが、粒子が大きいと違う食感になります。

粗挽き
田舎は極端に太過ぎず、シャープなエッジ感もあって見事。せいろの方は細かな星が飛び、こちらの方が細切りですが、ややモッサリとした印象。つゆは甘辛二種が出されました。

切れ端営業時間


禁煙店内禁煙なのは好ましい。
次は、夜に伺ってもっとゆっくりと蕎麦屋酒を楽しみたいと思います。


「手打蕎麦 まるやま」

東京都杉並区和泉1-2-3
tel.03-3321-1478
 木・水曜の夜は定休 *禁煙








スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/747-d196f968


Powered by FC2 Blog