FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


店構え東急東横線 学芸大学駅前の「与志田」に行きました。
手打ちの蕎麦・うどんのお店。中休み無しの営業が嬉しい。

店頭には天丼・親子丼も書かれた提灯が下がっており、「麦とろめし」の看板も出ている。サービスセットの張り紙もあり、何ともにぎやかだが、「ウリ」はどれなんだかよくわからない。
ご自慢が沢山あると理解しましょう。


訪問時、引き戸を開けると見渡した客席は満席。空き待ちか相席かと思うと、「奥へどうぞ」と案内されました。厨房横に小上がりの長テーブルがありました。知りませんでした。

品書き微細

品書きをめくっていると、限定という田舎そばが目に止まりました。福井産で、しかもこのお店では喉越しを良くするために粗挽きではないという。
これは食べずにおれません。

つゆどうせならと、せいろと田舎の両方を頼みました。ビールはエビス。突き出しは、海苔の佃煮が出されました。結構!

つゆが2つ出されました。そばに合わせて甘辛かと思いましたが、どう見ても色も香りも同じです。
あれれ、と思って花番さんに尋ねると「同じものです」と。
そうですか。


せいろせいろアップ

せいろは、細切りで非常に艶やかにしてたおやか。江戸蕎麦の理想形です。

田舎田舎アップ

一方の田舎そばですが、太打ちでありながらシャープなエッジ感があり、うねっとした躍動感に満ち溢れています。
昨今は粗挽きの蕎麦も人気があり、そのような蕎麦を出すお店も増えましたが、このお店の蕎麦は違います。流行とか人気とかには組せず、本当に大切なものを守ろうとするお店の意志と姿勢を感じました。

おすすめ



「手打ち そば うどん 与志田」

東京都目黒区鷹番3-8-3
tel. 03-3715-8658

11:00 ~ 20:30 

月曜定休

禁煙

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/761-8b4071fe


Powered by FC2 Blog