FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


手打蕎麦店構え

代々木上原駅近くの「ごとう」を訪問。近くには「山せみ」があり、そちらは数年来のお付き合いで、頭の中では代々木上原 = 「山せみ」のようなイメージが出来上がっていた。

店内は広くはない。カウンターとテーブル席が数卓。店内の掲示物を見ると、福井産の蕎麦を使っているらしい。福井と言えば越前おろし蕎麦が有名である。江戸蕎麦好みの私とは方向性が違うが、あれはあれで美味い。さて、如何なものか?

お酒

日本酒は地酒の逸品揃い。これは嬉しい。しかし、その前にビール。各種小瓶が用意されていて、これまた嬉しい。

ビール小瓶岩牡蠣

まずはビール(プレミアムモルツ)で喉を潤し、ばくらいと岩牡蠣を注文。ビールも好みではない銘柄が出てくるとガッカリするが、品書きに銘柄が記されていて選べるので安心だ。

ワインワインも用意されていることに気付き、牡蠣に好適な白ワインでこれを味わうことに。

大振りでぷっくりとした岩牡蠣はクリーミーで、しかも磯の香り充分。山梨県勝沼葡萄の白ワインは日本古来の甲州葡萄。非常にジューシーで味わい深い。カキの生臭さを打ち消し、味を引き立ててくれます。シャブリも良いが、日本のカキには国産のワインが良く合う。同じ風土に生まれ育った同志。
美味しい牡蠣を育てるためには川から注ぐミネラル分たっぷりの水が不可欠。そのためには豊かな森の存在が不可欠である。世界的見ても有名な葡萄産地は川の流域であることが多い。葡萄と牡蠣は、地理的には離れていても、お互いに無関係ではない存在だ。


さて、蕎麦は太打ちもありますが、「白えび天もり」を。

小せいろ

かき揚げトマト

意外なことに蕎麦は細切りの江戸蕎麦風で、しかも小せいろ2段重ね。艶やかで、艶めかしいような色気があります。

かき揚げは立体的でサクサク。見事です。付け合わせの丸い天麩羅は、衣を通してかすかに赤い色が見えたので梅干しかと思いましたが、それは何とトマトでした。
サプライズの連続です。

見るべき所の多いお店ですが、禁煙でないのが残念。他人の煙草1本で、全てが台無しです。

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/785-1334ce14


Powered by FC2 Blog