FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


私が応援している里アンナさんのミニライブが石丸電気本店であり、外へ出たら物凄い土砂降りでびっくり。

すぐ近くに在る「赤津加」へ逃げ込みました。幸い、土曜日は営業。あ~、よかった。

赤津加菊正宗

ビルの谷間にぽっかりと残された異空間。昭和時代にタイムスリップ。

創業は50年以上前。古びた木造の一軒家は風情があります。外食の大手資本などが経営する店とは一線を画す、昔ながらの居酒屋です。居酒屋と言っても外壁に大衆割烹と書かれているとおり、その料理は安直なものではなく、季節毎の旬の素材を使った手の込んだ料理が多い。

まずはこの店の名物「鶏もつ煮込み」(800円)。煮込みは豚や牛を使うのが一般的だが、こちらでは鶏。しかも濃い味に煮込むのではなく白味噌のスープ仕立てで、最後まで飲み干せます。豆腐とこんにゃく入りで鶏皮・もつと絶妙な相性だ。一人用の土鍋が嬉しい。

鶏もつ煮込み

こちらのお酒は「菊正宗」がメイン。本醸造・生酒・冷酒など多種を揃える。
まずは本醸造をぬる燗で。次に季節限定の「ひやおろし」。ひやおろしは春に絞った新酒を夏の間熟成させて、秋口になって卸したもの。新酒がフレッシュな香りが持ち味なのに対して、熟成したひやおろしは、どっしりとしたボディが特徴。旨い。

谷中生姜続いて口をさっぱりさせるために「谷中生姜」を。スライスして出されました。品書きを見ると「新松茸の茶わん蒸し」などもあって心惹かれますが、先ほどの煮込みにお豆腐が入っていたので、似たような食感のものは避けて「サンマの肝焼き」を。

熟練の板前さんの手作りの料理はどれも滋味深く、秀逸です。

品書き

帰りの電車に乗るためにホームに出ると、入線して来たのは山手線開業100周年を記念する昔懐かしいチョコレート色に塗られた車両でした。

チョコレート色車両







スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/831-8f355c89


Powered by FC2 Blog