FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


赤提灯前に昼酒をいただいた「昼行燈ろびん」。夜はお酒専門の「赤提灯ろびん」になります。

営業日には、文字通り軒先に赤提灯が下がります。

黒板


昼間は、全国各地の珍しい番茶と漬け物、それに昼酒も楽しめるというユニークな”しょっぱいカフェ”。

夜のメニューもユニークです。店主の好みで選んだという日本酒やワイン、全国から選りすぐりの肴。
それは珍しくありませんが、最初はお酒1杯と肴6品のセットで2,200円というお決まりメニュー。アドオンでその他の肴やお酒は追加オーダー可能です。
きっと、最初のセットの6品が、店主が客に食べてもらいたい品々なのだと思う。

品書き6品

今回もお酒は、私が敬愛する曽我さんの「ソガペールエフィス」。曽我さんのワインも置かれることを切望する。今宵の肴は、9時方向から時計廻りに、じゃこ天・ピーマンのナムル・板わさとクリームチーズ・砂肝のマリネ・酒盗。真ん中が茹で落花生。
全部しょっぱい系。

品書き2品書き3

お酒をお代りして、もう少し肴が欲しくなって「焼き蕎麦がき」を頼みました。

焼き蕎麦がき

ちょっと驚きました。蕎麦屋のそれとは形が違います。一見、焼きおにぎり風?。 それでも蕎麦猪口に蕎麦つゆと大根おろし、別に塩とわさびも用意され、私は上機嫌。


まったりしました。もはや賑やかな居酒屋などには行きたいと思いません。
一人になれるお店が望み。
自分に乾杯です。

木目の天井と、しっとりとした漆喰の壁。私の祖父母の家がこんな感じでした。
呼吸する家。
サッシで密閉された家とは違い、木と漆喰の家は外気を吸ったり排き出したりします。
隙間風も通りますが、その方が換気には良いでしょう。

過ぎ去った時代の雰囲気を懐かしく思い出します。

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/845-9bca8e89


Powered by FC2 Blog