FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


月心

今年8月20日の開店。「中町 杉本」の店舗を引き継ぐ形でオープンしました。
ご主人は、私がお世話になっている「東京 土山人」で修行された方です。開店より約2カ月。そろそろ落ち着かれた頃でしょう。
新蕎麦が出て連休のこの時期に訪問を予定していました。

店名は「ツキゴコロ」と読みます。
メルヘンチックな不思議な店名です。 「ツキゴコロ」とは、何か?

ツキココロ

お月様とこの地球のように、互いに無くてはならぬ関係をお店と客の間に目指すのだと言う。
何とも素敵な心意気じゃありませんか。
接客の専門用語では「ホスピタリティ」と言います。巡礼者の疲れを癒すための一晩の宿がその語源です。英語でホスピタルは、病院を意味します。
身体だけでなく、心をも癒すのがホスピタルの神髄であると理解しています。

IMGP6620.jpg鴨ハツ塩焼

店内の雰囲気は以前の「中町 杉本」時代と大きく変わっていません。Jの字(?)型の特徴ある大きなカウンターテーブルはそのままです。

まずはビール。サービスで揚げ蕎麦んらぬ、ソバ・チップス。パリパリの揚げ具合で実に楽しい食感。
これは良い。これだけで期待感が高まります。
肴に選んだのは「鴨ハツ塩焼き」。私は大の鴨好きですが、今はまだ旬には早い。その身はまだ脂の衣が薄い時期ですが、では鴨の内臓系は如何なものか。
鴨の身を使う店は珍しくありませんが、レバーやハツなどを出すお店は極めて稀です。
これは鴨好きとして頼まないではいられません。

いやはや、これが素晴らしい。表面をさっと焼いてありますが、中はジューシーです。
山椒と黒七味が出されました。これも嬉しい。
お酒を日本酒の「東洋美人」に代えて、じっくりと堪能しました。窓の外から明るい陽射しが射し込んで来ます。
昼酒を蕎麦屋で味わう贅沢。たまりません。

さて、お蕎麦を。基本の細挽きせいろを注文。

せいろ

アップ

珍しい白木のせいろ。薬味に青葱を使うところが、本店が関西に在る「土山人」譲り。東京人である私にとっては違和感を覚えます。
かけつゆは関西風ですが、もりつゆは濃いめの関東風です。
蕎麦は細切り。びしっと角が立ち、繋がりに破綻がありません。うねうねとした躍動感があります。素晴らしい蕎麦です。

蕎麦湯お茶

蕎麦湯はポタージュ・タイプ。別に蕎麦茶を出していただきました。

品書き


地図

住居表示の地図です。

お店のHP
http://tsukigocoro.com/




スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/847-4f923acc


Powered by FC2 Blog