FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


住所は狛江だが、最寄駅は小田急線の喜多見駅になる。
駅から歩いて10分ほど。住宅街を抜けて「こんな所にお店があるんだろうか?」と不安になった頃に、ようやくお店が現れる。暑さ・寒さの厳しい時期には辛い。新そばのこの時期ここそが遠方からの訪問には最適。
この時期には、お店前の駐車場に緑色の「新そば」の幟が立てられます。
良かった。また味わえる。
お会い出来る。

道程

店構え

12時台を外して訪問しましたが、満席の盛況ぶり。少し待って空いた席に案内されました。

今日のお目当ては「牡丹そば」です。北海道産の在来種。昔ながらの品種です。

秋メニュー

その前に蕎麦前。

日本酒牡蠣天

日本酒と牡蠣の天ぷらを注文しました。驚いたのは牡蠣の天ぷらに緑色の物が混じっています。
何か野菜の天ぷらかと思いきや、牡蠣を大葉で巻いたものでした。
色が付いていないものはそのまま揚げたものです。
塩と天つゆでいただきました。
もう、英語で「R」の付く月。牡蠣のシーズンです。

さて、いよいよお蕎麦です。「新そばの二種盛り」をお願いしました。微粉と粗挽きのどちらも十割。しかもどちらも細切りです。

二種盛り

ほんのりと薄緑色掛かり、白い足を投げ出したような艶めかしい色気を感じます。
十割の蕎麦が、どうしたらこんなにも細く、見事に繋がるのでしょうか?
卓越した技術です。

田舎
粗挽きも細切り。これはこれで趣があります。

牡丹そばの特徴。北海道産の蕎麦は収穫時期の早い夏蕎麦で、風味が強くない代わりに歯ぬかり感がなく、特に牡丹種は、じっくりと咀嚼すると強烈な甘味が湧き上がって来ます。
その時に鼻孔を駆け抜ける蕎麦の豊かな香り。これは蕎麦を食べる喜びを再認識させてくれます。

私は、食を疎かにする人を信頼することが出来ません。食は全ての生き物の命をつなぐ根源的な活動であるばかりでなく、人における食は喜びであり、感謝であり、生き甲斐でもあります。
だから多くの経験を重ねて、その深みを知りたい。

鶴太郎入り口に掲げられた片岡鶴太郎さんの書。彼も大の蕎麦好きで、テレビ番組で蕎麦に関するレポーターを務められ、こちらのお店も紹介されました。
かつてはアメリカ合衆国元大統領のカーター氏もこのお店を訪れています。
それだけの魅力がこのお店はあります。

耳を澄ましてください。
混み合っている時には聞こえないかもしれませんが、このお店のBGMは音楽ではなく、水滴が地中の甕(かめ)の中に滴り落ちて反響する水禽窟です。

このお店の感性はこのようなものなのです。


お店のHP
http://juuwarisoba.com/index.php?FrontPage






スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/848-c3bc1918


Powered by FC2 Blog