FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


今年7月にオープンした「suolo」に行きました。

店構え派手な看板などはなく、モノートーンの店構えはレストランとはわかりずらく、うっかりすると通り過ぎてしまいそうです。
「ちょっと変ってる」
それが、良さげな予感がします。


テーブル席週末のランチタイムに伺いました。入り口のドアは開け放たれています。その先にはオープンキッチンの直線的なカウンターに10席ほど。テーブルは入り口横のスペースに4人掛けと2人掛けの2つのみ。完全にカウンター中心です。日本料理の割烹などで多いスタイルですね。
これならシェフとの会話も出来るし、「おひとりさま」にも好都合。

ランチメニューは3種類。前菜+パスタ+飲み物の1,800円のAコースをベースに、デザート付きのBコースが2,500円、メインディッシュが付いたCコースは3,800円です。どれも数種類の中から選べるプリフィクス・スタイルです。Bコースと、グラスワインをお願いしました。

ワインスープ

赤ワインは2種類用意されており、イタリア産の写真の物をチョイス。
最初にパプリカの冷たいスープがだされました。塩味は抑えられており、素材の甘味がよくわかります。

自家製パン焼きテリーヌ
パンは自家製です。
前菜は「サトイモの焼きテリーヌ 天城軍鶏のレバーペースト」。これはちょっと驚き。凝っています。
ねっとりとしたサトイモの食感がレバーペーストの食感と似ていて、味のマッチも良い。レバーが赤ワインに良く合います。

パスタ

パスタは4種類の中から、「天城軍鶏の燻製とこのこののソース スパゲティー」を選びました。天城軍鶏がWになりますが敢えて同じものを。
いやはや、この軍鶏肉の食感と旨味には脱帽物です。燻製にしてあることで、香ばしく、身が適度に引き締まって、噛むのが楽しい。パスタの塩加減も絶妙。お皿はしっかりと温められていて完璧です。

デザートデザートは、ピンクのソルベとグレープフルーツ、透明なジュレ。爽やかな逸品。

シェフの栗野さんは、系列店の「グラン・クリュ」のシェフを務めていたらしい。
野菜にこだわりがあり、契約した農家の野菜しか使わないという。
最近は野菜ブームで、野菜をウリにするお店は多い。しかしながら、こちらのような目立たないやり方の方がスマートだと思う。

これは是非ともディナーでメインの食材をどう調理してくれるのか確かめたい。小さなお店だが、非常に好感が持てるお店である。


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131705/13094067/




スポンサーサイト



トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/863-08330da9


Powered by FC2 Blog