FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


蕎麦猪口の楽しみ

浅草の骨董屋さんで、蕎麦猪口を買い求めました。

猪口見込み

蕎麦の楽しみは味わいのみならず、器も趣味心を刺激します。

蕎麦猪口は現代では蕎麦のつゆを入れる器として使われていますが、早くは酒の肴などを盛る小鉢のような使われ方をしたようです。

近代の工業製品と違って昔の陶磁器は手作りですから一つ一つが微妙に異なり、形も歪みなどがあって、それが味わいとなっています。

買い求めた品は絵付けが淡い色調で、間口は形がやや楕円形に近い。内側の様子を「見込み」と言いますが、そこには山と思われる図柄。外側の図柄の他に見込みに描かれた文様や図柄も楽しみです。

高台蕎麦猪口の製造時期を見極めるには、高台と呼ばれる底の部分を見ると時代によって特徴があるので判別しやすい。

現代の製品は底までツルツルですが、江戸時代後期以降は円心状の「蛇の目高台」と呼ばれる様式になります。これは窯詰めの際に、釉薬を掛けない円心状の部分に窯道具を当てて焼くためのものです。

蕎麦を出す店の中には、このような古い蕎麦猪口を使っている処もあります。蕎麦猪口の底に指を当てて、ザラリとした感触があると、私はドキリとします。思わず底の様子を見るのは言うまでもありません。
また、古い猪口のひび割れや欠損を金継ぎという手法で補修したものを出す店もあります。この古い猪口で、それまで一体何人の人が蕎麦を啜ったことかと思いを馳せれば、歴史の重さを感じることが出来ます。

道具にこだわると、箸の種類とか、爪楊枝はどのようなものかとか、箸置きなど、興味は尽きません。
蕎麦は食べ物ですが、同時に蕎麦屋は一種の総合芸術であり、文化であると言えます。
この素晴らしさを、少しでも多くの人に伝えたいと思います。


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/884-09dfb11d


Powered by FC2 Blog