FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


お蕎麦屋さんは年明けの営業を始めていなかったり、早仕舞いのお店が多い。そこで、丸ビルの中に在るこのお店に。
やはり開いていました。

一茶庵

店頭には「ゆずきり」の張り紙が。柚子を練り込んだ季節の変わり蕎麦です。
今年は、神田「まつや」のゆずきりを食べ損ねたので、これは嬉しい。

あの一茶庵譲りのお蕎麦屋さんです。お酒も各種揃っていますが、ワインのハーフボトルが用意されていたので、これを頼みました。

白ワイン鮭

フランス産の白ワイン。辛口ですっきりとした味わいです。肴は鮭の酒びたし。鮭の名産地、新潟県は村上地方の名物です。塩鮭を寒風干しにしたものをお酒に浸したものです。実に深みのある味です。

品書き焼き味噌

もう一つ肴を。そば味噌の杉板焼きです。焼き味噌はお店によって個性が出ます。こちらは西京味噌でしょうか、白味噌ベースに程良く炙っています。
腹に溜らず、酒が進む珍味が私は好きですねえ。

メインの蕎麦は、ゆずきりを天付きでいただきました。一茶庵系のお店では、三種盛りや五種盛りなどの変わり蕎麦有名ですが、茶そばなどはどちらかと言うと夏向きでしょう。冬は柚子に限ります。

天付き

ゆずきり

光り輝くような白い蕎麦。真っ白な更科粉に柚子を練り込んだもので、香り豊か。良く噛むと、強烈な甘味が口中に広がります。これほど季節感のある繊細な味と香りを楽しむ料理は世界中を見渡しても、他に秀出るものを知りません。
「よくぞ日の本に生まれけり」と言いたくなります。

新春の蕎麦を楽しみました。





スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/900-79009343


Powered by FC2 Blog