FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


猿楽町「松翁」

鴨のシーズンが終わると、私はいささか落ち着かない。
春になれば桜も素敵だし、山菜も旨い。

しかし、私が本当に待ち遠しいのは銀宝(ぎんぽ)である。今や希少となった江戸前天婦羅の花形。外見はうつぼにも似た白身の魚である。メゴチと並んで煮ても焼いても駄目。天婦羅になるために生まれて来たような魚。

そろそろ出るかと思って天婦羅が美味い蕎麦屋として有名な「松翁」へ。

松翁


満席も覚悟しながら訪れましたが、何とか席を確保できました。

店内を見渡すも、「ぎんぽ」の品書きは見当たらず。誠に残念ではあるが、想定内。
代わりに稚鮎と浦霞をぬる燗でお願いする。

稚鮎1

山菜
鮎

今にも泳ぎ出しそうな稚鮎。山菜、稚鮎と出されました。

もう一つ、季節メニューから「焼きたけのこ」を。

焼きタケノコ

熱々、フハフハ。旬の香り。

つゆと薬味ざる


蕎麦

田舎とざるの合い盛りを頼んだのですが、田舎は売り切れ。ざるのみで。
いつも四つのちょぼに盛られているのですが、初めて一般的な盛り姿を拝見しました。

このお店は店頭の雰囲気からして何か雑然としたところが漂う。客層は昼酒を楽しむ年配客や近くの大学関係者、ビジネスマンなど、必ずしも蕎麦好きばかりではない。

主役は蕎麦か天ぷらか。私的には「微妙」な店である。


お店のHP
http://tcn-catv.easymyweb.jp/member/matsuou/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/957-b561e4f1


Powered by FC2 Blog