FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


近くで仕事の打ち合わせの後、閉店前に滑り込みました。久し振りの入店。

雨の日は、比較的湿度の影響を受けにくいビルの中のお店が良いでしょう。

くろ麦



まずはお酒。今では置いてある店がすくなくなった「黒松剣菱」を冷やで。お通しは梅くらげが出されました。
ひょうたん型の徳利が素敵です。

徳利

蕎麦は何にするか。店頭には季節メニューで「たけのこそば」と「ゆずきり」が書き出されています。
時間がないので、種物でもつまみ代わりに頼んで、ゆずで締めるか。
そう考えながら一応品書きを開くと、「あられそば」が目に止まりました。しかもレギュラーメニューの欄に載っています。これはしたり! このお店では季節の変わり蕎麦や夏場は手打ちの冷や麦などに気を惹かれて、今まで気付きませんでした。

「あられ」とは青柳の貝柱をあられに見立てた種物です。今では出しているお店自体が少ない上に、大抵は春先の季節メニューです。不覚にも、今年は今まで食べ損ねていました。
早速注文。

あられそば

焼き海苔を座布団に小さな貝柱が盛られています。あれれ、蕎麦がやや幅広。そうだったっけな?記憶が曖昧です。
運んでくれた可愛らしい花番さんに「これは一年中出してるの?」と尋ねると、
「たけのこそばは季節メニューですけど、こちらは1年中ありますよ」と溢れる笑顔で答えてくださいました。
嬉しい。

食べ進むうちに海苔は瓦解してつゆに溶け、小柱から旨味が染み出て行きます。磯の香り一杯。
春は私にとって種物を味わうシーズンです。

蕎麦の量が多めだったので、ゆずきりはまたのお楽しみに。
思いがけず「あられそば」を味わうことが出来て、得した気分になりました。


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13001893/




スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/964-2c5a1c1c


Powered by FC2 Blog