FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


雨の椿山荘を訪れました。

明治の元勲である山形有朋公の私邸を元とし、現在は改めて言うまでもなく結婚式場として有名で、フォーシーズンズホテルを擁する。
無茶庵を訪れるには目白通りからではなく、神田川沿いの冠木門から入るのが良い。門を潜って坂道を少し登る。

冠木門





門

品書き

雨のせいか、幸いにも空席がありました。
二万坪にも及ぶという広大な敷地内に在るこのお店は、やはり窓の外に見える木々の景色が素敵です。

眺望

昼のメニューは単品とコースがありますが、まずはお酒。嬉しいことに私の好きな「四季桜」があります。残念ながらつまみの用意はありません。多くの人が訪れるので、あまり長っ尻では困るのでしょう。

お酒

蕎麦は「天せいろ」(1,890円)をお願いしました。

天せいろ

蕎麦

出て来た蕎麦は、面を覆うような方向を揃えた異様な盛り方に驚きました。北海道産の蕎麦粉を使った十割だそうで、繋がりは見事。食感は硬質ではなくて弾力が豊か。つゆは嫌なクセがありません。

天婦羅

天婦羅は衣が白っぽく、軽い揚げ上がり。天つゆや塩は付きません。

麺

半分ほど食べ進めてから盛られた麺を崩してみました。うねっとした躍動感があります。量的には一般的な手打ちの店の倍くらいはありそうです。

湯とう

花番さんは和服姿の女性ばかりで、お茶を足してくれるなど接客振りは正にホテルのそれです。

パンフレットには「私の自信作」として、三昼夜を掛けて炊き込んだという「にしん蕎麦」(1,800円)が出ていました。

小路

布袋様

説明

滝


お店のHP
http://www.chinzanso.com/restaurant/muchaan/



スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/996-9be11677


Powered by FC2 Blog