FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


丸の内OAZO内に在る「Papa Milano」を訪れました。丸の内と大手町を結ぶOAZOは2004年のオープン。名前の由来は「Office&Amenity ZOne」の略であると共に、エスペラント語でオアシス、憩いの地を意味するオアーゾ(oazo)の意味も含んでいるそうです。

「Papa Milano」は、東京や大阪で幾つかの業態の271店舗もの飲食店を経営する(株)ダイナッミックのチェーン店の一つです。ファミレスのパスタでは満足出来ない、かと言って肩の凝る一流店は遠慮したい方や家族連れには良いお店でしょう。

ブロッコリーカルボナーラ

山盛りブロッコリーのペペロンチーニ(720円)    イベリコ豚のカルボナーラ(1,580円)

続きを読む »

Olio

渋谷道玄坂のマークシティ裏に在るイタリアン・バールOlioに行きました。バールと言うだけあって気軽でカジュアルな内容ですが、表通りから一歩奥に入った場所だけに喧騒から逃れた落ち着いた雰囲気です。お店は半地下で、大人の隠れ家という感じ。

続きを読む »

渋谷「KURA」

KURAランチタイムに渋谷駅近くに最近オープンした「KURA」に行きました。以前同じ場所に生パスタを売り物にしたお店が在りましたが、今度もイタリアン系のCafe&Barです。メニューはパスタとピザを中心に、夜は小皿料理も用意され、お酒も楽しめるようです。パスタは和風メニューもあり、本格的なイタリアンではなく、カジュアルな感じ。

続きを読む »

今日は、某店を偵察。
郊外に構えるバーだが、かなり料理にも凝っている。
その中で目に止まったのが、パスタの「アマトリチャーナ」。一見、ベーコンを使ったトマトソースのスパゲティに見えるが、本質は全く違う。

まずは、中空で極太のブカティーニというパスタを使う。細いパスタは有り得ない。それからベーコンのようなもの。もっともらしくパンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)を使うと紹介されることも多いが、本来はより脂身に甘味のある頬肉のグアンチャーレを使う。
以前は生ハムはおろか、パンチェッタも一般には中々手に入らなかったので、「こだわりのグルメ」でもパンチェッタを使ったレシピを紹介していますが、今はグアンチャーレもそれなりの場所で味わえるようになりました。
グアンチャーレに較べてパンチェッタは脂身の甘味に欠けるので、日本では玉葱を使う方法が一般的になっていますが、グアンチャーレを使った本来のアマトリチャーナは、玉葱は使わないようです。

http://allabout.co.jp/gourmet/italiancuisine/closeup/CU20060128E/index2.htm


エノテカ1/23(火)グランドオープンです。
昨年1月に半蔵門にオープンした「エノテカドォーロ」の姉妹店。イタリアワインの専門店です。
東京No.1と自称するだけあって、その品揃えは圧巻です。
2~5,000円台のリーズナブルなワインが180種も用意されています。これは全種制覇するのは容易ではありません。

ワイン面白いのはハウスワインです。
赤・白ありますが、注文するとグラスではなく、1.5L入りの大きなマグナムボトル置かれ、客は自らグラスに好きなだけ注いで飲んだ量を計り売りされるシステムです。
これは一人の時など、グラスワインを何杯も飲むと結構な金額になるけれどもボトルで取ると多過ぎるような場合に計り売りなら無駄がありません。

続きを読む »

メニュー
品川港南口に在る品川グランパサージュの中の「ジャックポット」でランチをいただきました。
オイスターバーのお店ですが、ランチタイムは日替わりで3種類ずつの美味しいパスタとピッツァがいただけます。
パスタは茹で上げ、ピッツァは本格的な釜焼きでモチモチの生地です。
追加でドリンクが200円、デザートが100円となっています。

続きを読む »

牡蠣私の行き付けのお店。
渋谷宮益坂の「Bongout noh」(ボングー・ノー)。

今日は牡蠣が食べたくて寄りました。
生牡蠣(1ヶ400円)は、オレガノ風味のソースです。薄切りのきゅうりが載ります。これが絶妙な旨さです。

続きを読む »

ジェノベーゼ冷したパスタをジェノベーゼ・ペーストと和えて、色の対比が綺麗なスモークサーモンとケッパーをトッピングしました。
草の香りが、川を遡上して水草の間を泳ぐ鮭の姿を連想させます。
キリリと冷えた白ワインが合います。
辛口のロゼでも良いでしょう。
夏の日のランチに。
めんたいスパ久し振りに和風パスタを作ってみました。
冷したスパゲティに明太子入りのマヨネーズを和えただけの簡単料理です。しかも既製品の「めんたいマヨネーズ」を使用。
食べている時はさほど辛さを感じませんが、食べ終わった後に口の中がホワっとします。

めんたいマヨネーズ
「やまや」めんたいマヨネーズ
300g入り 定価399円

マヨネーズメーカーが明太子入りの製品を作ったのではなく、逆に明太子メーカーの「やまや」が自社の明太子を使ったマヨネーズを作りました。
茹でたジャガイモや手巻き寿司などにも使えます。


トリアンゴリ

5月にオープンした「Bongout noh」(ボングー・ノー)で、爽やかな手打ちパスタをいただきました。

「フレッシュトマトとモッツァレラチーズのトリアンゴリ」(1,200円)です。
トリアンゴリとはあまり聞き慣れない名前ですが、平打ちで小振りにカットされたラザニアの生地のようなパスタ。たまにはこんなパスタも良いもんです。
このお店ではスタンディング・バーも用意されており、食事ばかりでなく、ワインのつまみにも最適。
赤・白・緑とピッツァ・マルゲリータのようです。

トリアンゴリ

「Bongout noh」(ボングー・ノー)
東京都渋谷区渋谷1-10-12 宮城ビル2F
tel.03-5464-0858
17:00~翌03:00AM  無休
*宮益坂の渋谷郵便局の一本裏通り沿いです。

立ち飲みのお店として人気の神泉「Buchi」の姉妹店ですが、こちらはやや客層が異なり、テーブル席はビストロ・フレンチということで予約客が多い。外に面したスタンディングは素敵な景観ですが、「Buchi」よりはやや平均年齢が高め。今ならまだそんなに混雑していないので、ゆったりとくつろげます。
窓から見える「キューピーちゃん」の看板がお気に入りです。

Powered by FC2 Blog