FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


この素敵なお店を再訪。最近では、メディアへの露出もありますね。

十割

普段はニ八ですが、新蕎麦のこの時期には十割が登場。繋がり具合はどうかな?

黒板

店舗は蕎麦店としては珍しい地下に在ります。大人の隠れ家的な楽しみもあります。

階段

続きを読む »

某店に振られて、こちらへ。お店の前は度々通っていたものの、初入店。昭和を感じさせるノスタルジックな雰囲気。

外観

てっきり、ありふれた街の蕎麦屋さんかと思っていたが、「手打」ではないか。

置き看板

店頭には、ウサの石像が鎮座まします。素敵な予感。ウサギは私にとってのラッキーアイテム。

ウサ

続きを読む »

昨年11月に素敵な蕎麦屋さんが出来たとの情報をキャッチしていましtが、中々訪問の機会を得ずに今日に至りました。前夜からの小糠雨が中々上がらず、仕方なく傘を片手に外に出る。傘をさしていない人もおるが、ポツリポツリとまだ止まず。

お店の場所は、不覚にも度々訪れていた「裏参道ガーデン」のすぐ近く。根っから蕎麦好きだというご主人が、日本料理の店から意を決して蕎麦屋へ転向したらしい。

外観

黒板

品書き

続きを読む »

おそば屋さんは年末はどこも大忙し。年が明けて喧噪も収まったかと思い、このお店へ。店頭には行列は皆無ということはないが、10人ほど。これなら普段の週末と変わらない。

暖簾

店先には、深紅の寒椿。

寒椿

この看板は、今までにいったいどれほどの客を見て来たのだろう?

看板


続きを読む »

新年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年越しそばは早めにいただきましたが、年明けのそばはどうするか?一般のそば屋さんは年越しそばで疲れ果てて、三元日は、ほぼほぼお休みです。

外観

JR池袋駅の東口にこのお店が在ります。JR東日本グループが経営する立ち食い蕎麦のお店ですが、蕎麦の切り幅をランダムにして複雑な食感を味わえる。田舎のおばあちゃんが打つような「手打ち風」にしたかったのでしょうか?

ジビエ

続きを読む »

幸いなことに、今年も高橋名人のお蕎麦を味わうことが出来ました。

黒澤

予約

続きを読む »

今年9月に開店した同店に初訪問。ずっと気になっていましたが、糖質ダイエット&グルテンフリー食を続けていたので、イタリアンはほとんど食べる機会がありませんでした。

この日の目的は、昼飲み。土日はランタイムもフルメニューで営業しているので、食事というより正に酒場としての利用が出来ます。

外観


洋風のカジュアルな酒場でラーメン屋さんじゃないが、「無化調」とは嬉しいですね。

無化調

開店直後の空いている時間帯を狙って訪問しました。店内は分煙になっていて、これも嬉しい配慮。未だに居酒屋のほとんどが煙モクモクで、まるで喫煙所のようになっているのは困ったものです。吸っている本人はどうなろうが自業自得だが、巻き添えはご免被る。

最初はビールを選びましたが、このお店では「泡あり」と「泡なし」が選べる。ビールで泡なしじゃあ、何となく美味しくなさそうだったので、普通の泡ありと頼みましたが、よく考えたら、泡なしの方がお得ではないか?

泡なし

ビール

続きを読む »

12月12日に高円寺にオープンした「チカヨッテ横丁」にあるこのお店に行きました。江古田店からの移転となります。場所は駅から至近の高架下、高円寺ストリート地下1階(旧ラーメンストリート)です。

江古田店は独立店舗でしたが、高円寺店は同じフロアに3店が入居し、通路脇のフードコート的な雰囲気です。

エントランス

甕

江古田店は店内禁煙でしたが、高円寺店は分煙となり、店舗の奥側に禁煙コーナーが設けられました。立飲みスタイルから一部を除いて椅子席に変更になりました。

禁煙席

続きを読む »

西荻窪駅前の飲食街。最近、新陳代謝が激しくなって店の入れ替わりが出ている。このお店は2014年の開店。すぐ並びに『吉』もあるが、あちらは夜だけの営業なので、こちらのお店へ。

横丁

外観

クリスマス前後は蕎麦屋が穴場だが、来週になると大晦日前から大変な混雑振りとなる。

新そば

続きを読む »

毎年恒例となった冬至の「ゆずきり」。ゆずを練り込んだ変わりそばです。変わりそばというのは、真っ白な蕎麦粉を扱う「更科」のお家芸であって、更科系統ではなく、普段は変わりを出していないお店だからこそ、それは希少な機会であり、客としてはそれが嬉しい。

毎年、ここのゆずきりを食べないと年が越せない気がする。

IMG_0294_2016122222165859e.jpg

幸いに夜は雨の予報が外れ、しかも異常なほどに温かい。おれなら多少の時間なら並んでも苦になるまい。恐る恐る店の前まで行くと、10人ほどの列。これぐらいなら、さほど待たずに入れよう。来週になれば、30、50人という長蛇の列が出来る。


続きを読む »

休日のランチタイムに『176』に伺いました。

青暖簾

入口に酒瓶が並べられています。

酒瓶

そば茶が出されました。

そば茶

続きを読む »

練馬駅から西友への通路沿いにあります。雨の日でも濡れずに行けるのはメリットですね。

このお店の看板メニューが「へぎそば」です。新潟名物で、つなぎに布海苔(ふのり)という海草を使い、「へぎ」と呼ばれる長方形に器に小分けにして盛り付けるのが特徴です。

ポスター

外観

ランチ

続きを読む »

今年1月から店舗の建て替えのために休業されていましたが、最近リニューアルオープンされのを知り、勇んで訪問いたしました。

外観

混み合うことを予想して開店直後の12時前に訪問しましたが、既に満席。少し待って、テーブル席に案内されました。

そば茶

12月だというのに冷たい蕎麦茶が出される。しかも、かなり薄い。

店内は以前と比べて、明るく広くなった印象。壁に所狭しと張られていた品書きが姿を潜め、個人的には少し寂しい。ランチタイムの訪問でしたが、品書きにはお酒の記載が一切なくて困惑。冷蔵庫には地酒の酒瓶が見えたので、銘柄は指定せずに熱燗と鴨せいろを注文。

金婚

いつも地酒を選んでいたので、熱燗を頼んだのは初めてかもしれません。出てきたのは「金婚」。都内で造られているお酒です。瓶ごとお燗をすることができるようです。

裏ラベル

続きを読む »

鴨のシーズンになりました。鴨肉は一年中手に入るようになりましたが、寒さに備えて分厚い脂を蓄える冬場が旬です。だから、このお店では旬の時期にしか鴨を出さない。およそ半年ぶりに味わえます。

看板

平日に昼のピークを外して13時近くに店頭に伺いましたが、店頭いは行列。並びの北海道プラザい寄って客が引けるのを待つ。のんびりと昼酒を楽しみたいのだ。

品書き

続きを読む »

「ミシュラン2017東京」が発刊されましたが、蕎麦のジャンルでビブグルマンに掲載されている、こちらのお店を訪問しました。開店当初からお世話になっていますが、最近は近くにも新しい蕎麦屋さんが複数できたこともあり、暫く振りになりました。

外観

「蕎麦に銘酒」

暖簾

店内には、本日の蕎麦産地が書かれています。

黒板

お茶は、そば茶です。箸置きを出してくれるのが嬉しいですね。手元にお皿がないと、箸袋だけでは困ります。

そば茶

続きを読む »

練馬駅近くの『176』へランチタイムに伺いました。

外観

いつもながら、お店の内外とも落ち着いた雰囲気です。古民家再生プロジェクトによって、古材が再利用されています。

内観

柱

続きを読む »

2016年6月29日の開店。5か月が経過しました。

あちらこちらで日本酒飲み放題のお店が増えていますが、こちらのお店は、フードアナリスト仲間でもあるご主人が経営されている独立店です。唸るような地酒を70種類以上も揃え、飲み放題の上に時間無制限。心行くまで堪能できます。(飲み過ぎ注意!)

IMG_9931.jpg

店名の『壺の中』は、中国の故事に由来しています。

店名

立ち飲みスタイルですが、店内のレイアウトは広くてゆったりとしていて客層も比較的若い人が多く、マナーの良い方が多いようです。

ごあんない

続きを読む »

新そばシーズンを迎えて、久し振りに馴染みのこのお店を訪問しました。

なかやしき

暖簾は、ステキなお猪口の説明柄です。

暖簾

このお店には私が若い時からお世話になっています。以前は地方から移築した古民家を改造した店舗でしたが、耐震・防災上理由から数年前に建て替えら、以前のお店とは全く違うイメージのスタイリッシュなお店に変身しました。

実は現店舗の裏側に旧店舗の看板が、ひっそりと掲げられています。

看板

続きを読む »

先日、神楽坂『山せみ』で、新そばを味わせていただきました。

外観

新そば

店頭の案内には、何と季節外れのギンポ!

ギンポ

続きを読む »

女優利き酒師である福山亜弥主催のほっこり利き酒会に久々に参加させていただきました。亜弥さんのご結婚・出産のためのお休みに加えて、私も仕事の環境が変わって忙しくなり、暫く振りとなりました。

ほとんどの利き酒会は夜に開催されますが、たまに昼に開催されることがあり、今回も昼に四谷の『ビストロW』が会場となりました。

案内

毎回、違う蔵元にスポットを当てて代表の方をお招きして、造り手のお話を直接お聞きできる貴重な機会です。今回は千葉県の「木戸泉」さんです。千葉県産「 総の舞」を使い、独自の高温山廃仕込みを行い、吟醸酒は造っていないという個性的な蔵元さんです。

うさ

いつもどおり、亜弥さんお手製のお品書き。お酒とお料理のマリアージュを楽しみます。今回は洋食です。

お品書き

お酒のラインナップ。日本酒バーに行ってもこれだけ同じ蔵の利き酒を出来る所はないでしょう。こうして、水平・垂直に飲み比べるとその違いがよくわかります。

お酒

瓶

今回は、ほっこり利き酒会お初、冷や酒は2種類のみで、大燗酒大会です。

湯煎

冷や酒は、こちらの2本。

冷や酒

カラフェ

洋食をお箸でいただくようです。

ナプキン

オープニング前には、蔵元さんの酒造りの様子が流されています。

プロジェクター


続きを読む »

『玄そば 野中』

久々の訪問です。今や行列のできる超人気店になってしまったので足が遠のいていましたが、私は練馬区のPRサポーターに登録させていただいたこともあり、区内のこのお店に伺いました。

営業中

暖簾

12時前にお店に到着したのですが、やはり店頭に数人の行列。順番の表に名前と人数を書いて待ちます。まるで人気ラーメン店のような有様で、少しげんなり。

石臼

暖簾の前に見える製粉室には電動の石臼。自家製粉の手打ちのお店です。以前は蕎麦の産地が掲示されていましtが、今回は見当たらず。夜のラストオーダーが19:30になっている。これでは、休日に伺うしか仕方ない。

続きを読む »

ねりマルシェ

昨年に続いて練馬駅北口の平成つつじ公園で開催された、練馬産の野菜や生花などを販売する「ねりマルシェ」に伺いました。

ねりマルシェ

花

続きを読む »

石神井公園駅の高架沿いの道を歩いてすぐの場所にお店があります。「手打ち」の文字が誇らしげに掲げられている。

二村

白木を基調とした店構えは、寿司店を思わせる清潔感が漂う。

店構え

店頭には、ランチメニューが黒板に書かれている。お好みのそばに250円でセットにできます。

黒板

続きを読む »

代休で、平日のランチタイムに訪問しました。ほとんどが休日に伺っていたので、平日の混み具合がわかりません。ビジネス街ではないので、さほど混まないだろうとの予想。個人的な都合としては、ゆっくりとお酒が飲めれば結構。

このお店は駅から遠く、環七通りから少し脇道に入った所に在ります。

白暖簾

そば粉は、石臼挽きです。

石臼挽き

続きを読む »

石神井公園駅近くの『雷鳥』さんで、秋新そばが始まりました。蕎麦は、夏に収穫される早生種と秋に収穫される晩収型があります。収穫したての蕎麦を、それぞれ「夏新」「秋新」と呼びます。代表格が北海道の「キタワセソバ」、茨城の「常陸秋そば」ですね。

秋新


光って見えませんが、本日の変わり蕎麦は「けし切り」です。

裏

エントランス

続きを読む »

しばらく振りに訪問しました。お店はマンションの1階に在り、スタイリッシュな外観が印象的です。

外観

「新そば」の貼り紙が出ています。

新そば

続きを読む »

ランチタイムに訪問しました。路麺店ではありますが、チェーン店ではありません。麺は注文が入ってから茹で、天ぷらも揚げ立てという抜群のクオリティを誇る人気店です。

外観

看板

続きを読む »

UCC上島珈琲の特別講座にご招待していただきました。実は私は、若い頃に業務用コーヒーマシンの修理をしていたことがあり、コーヒーに対する思い入れは人並み以上です。

外観

案内

今回の講座の目玉は、かつてフランスのルイ王朝に愛されながら一時世界から姿を消した「ブルボンポワントゥ」という幻のコーヒーについてのレクチャーを受けられ、その味を体験できることです。

今回のプログラム
・ブルボンポワントゥ復活の軌跡講義
・コーヒー品質コンテスト擬似体験カッピング
・焙煎体験
​​・スイーツとコーヒーのマリアージュ体験

最初のプログラムが始まりました。
UCC上島珈琲さんは、1999年に幻と言われた「ブルボンポワントゥ」の再生プロジェクトを開始しました。

ブルボン


苦労を重ねた末に2006年に初収穫。今年は10周年にあたるアニバーサリーとなります。

生産農家

続きを読む »

ランチタイムに訪問しました。店名の『』176は、住所の番地と郵便番号にちなんだものです。ビルの1階に在りますが、上を見なければ、和風の一軒家レストランの趣き。店内は古民家再生プロジェクトに古材を使ったインテリアでシックです。

外観

席に案内されると、そば茶が出されました。最近の飲食店は水も出さない店が増えたので、嬉しいサービスです。

そば茶

まずは瓶ビールを頼みました。私は生ビールよりも、断然瓶派です。

瓶ビール

お通しは、サービスの揚げ蕎麦です。

揚げ蕎麦

続きを読む »

変わった店名ですね。ご主人はアウトドア派でしょうか?今年7月の開店。もう落ち着いた頃かと思い訪問しました。
「女性おひとりでも入りやすいお店を目指している」そうです。

黒板

お店は地下にあります。いつの間にか、駅周辺は蕎麦屋さんの激戦区になりましたね。

エントランス



続きを読む »


Powered by FC2 Blog